Discord連携

できること

  • Discordチャットの入力を受け取って字幕として出します
  • 音声認識後の文章をDiscordに転送できます

事前設定

まず、Discord連携をONにします。

その後、設定をします。初回は連携動作の設定が必要です。

まず、連携するためにはBOTとしての設定が必要です。

まず、Discordアプリケーションの登録画面を表示します。

を押して、BOTとして登録しましょう。

名前は自分がわかる名前でOKです。

登録ができたら、クライアントIDが手に入ります。

この数字を、プラグインのClientIDにいれてください。

次に、連携するためのトークンを手に入れます。

Copyボタンを押したら、プラグインのtokenにいれてください。

ここまで出来たら、連携認証をします。

をおすと、どのDiscordサーバと連動するか聞かれるので、連携したいサーバを選んで許可してください。

次に、どのチャンネルに読み書きするかを設定します。

チャンネルを右クリックしてIDをコピーします。このIDをプラグインのchannelIDにセットします。

最後に、そのチャンネルへBOTの読み書き権限を与えます。

運用方法

をおして、Discordに接続します。(設定が住んでいれば、Neoを起動するときに自動接続します)

指定したchで発話すると、コネクターに文字として入力されます。また、音声認識で発話認識した後は、BOTとして書き込まれます。

辞書プラグイン

できること

  • 認識間違いなどを辞書ルールに沿って訂正することができます

設定方法

まず、辞書プラグインを有効にします

次に辞書を設定します。辞書は2つあります。

  • 対訳辞書
    音声認識の補正後、特定の言語毎に表現を整えるもの
  • 音声認識後
    音声認識直後の文章のうち、誤変換されるもの・認識されづらいものに対して変換するもの

下記の手法でファイルをつくって、読み込ませてください。

辞書の作り方

Excelやメモ帳などで作ってください。保存形式は CSV(UTF-8)にしてください。形式が違う場合は反映されません

対訳辞書の場合は、1列目に言語を半角大文字で指定します。言語名は、ISO639-1形式で指定します。たとえば、日本語であればJAです。

2列目以降は、それぞれの言語毎にどの様な表現をするかを指定してください。

音声認識後の補正辞書は、A列が認識した文字列、B列が補正文字列になります。

ケーススタディ
「あんぱんち」と音声認識させたとき
「アンパーンチ」と出したい

この場合は、補正辞書ファイルに
「あんぱんち,アンパーンチ」と設定されていればOKです。

オプション

■翻訳注釈を取り除く
 DeepL翻訳などを使うときにでてくる「カッコ書きの訳注」を表示しないように加工します。

棒読みちゃん連携

できること

  • 棒読みちゃん経由で発話できます

設定方法

まず、チェックをつけてプラグインを有効化します。

その後、棒読みちゃんの設定に合わせて値をいれます。

通信方式としては、HTTPとTCPが選べます。ご自分の環境で安定するほうを使いましょう。(HTTPのほうが安定しているというレポートがあります)

通信方式は、棒読みちゃんの設定画面を見て設定してください。

また、音声IDは、この画面のIDをみて設定します。

音量、トーン、話速は、-1を設定すると棒読みちゃんの現状設定を継承します。